www.herkulnagme.com

クルマに乗る方であれば知っているはずですが自動車税なるものの納税義務があります。そして自動車税は、手放す所有車買い取り時に一般に還付される税金なのです。これって実際、実行してみたらすぐ分かりますが、では一つずつ順番に分かりやすく説明したいと思います事前に補足しておけば国内で生産された自動車に限らず海外の車等も税金が還付される範囲に決まってます。これは自動車についてもそうですね。自動車税という税金は車を所有している人が払わなければいけない税金ですがこの金額は自動車の排気量で決定されます。1リッターより小さいなら29500円で1リッターより上で1.5リッター以下までだと34500円になります。これ以上は500cc刻みで5000円ずつ増加します。またこの税は4月1日の時点のオーナーが来年3月までのお金を納付する決まりです。つまり事前納付ということなので勿論ですが車を買取してもらってオーナーでなくなった場合では前払いした分の税は還ってくるんです。税の場合は事前納付で今年度の税額を支払うので、その年度内に愛車を売ったときは新しい保有者がこの税を負担するのです。買い取った相手が買取専門業者の場合は、売却時に所有者が先払いしている分のお金を返金してもらえます。所有権が移転された日より後の税は、入れ替わった保有者が納税義務を負います。もしあなたが10月の間に自動車を売ったケースでは、11月以降翌年3月までの払ったお金は返金されます。それは、前も述べた通り自動車税の場合は一年分を先払いしているという事実からも明らかです。つまり、前オーナーは買取先に税金を返還してもらうということです。個人間で自動車を手放すときに何気にこのような知識に気付かない方が見受けられるので、確かめるようにしましょう。自動車税がクルマを手放すと還ってくることをほとんど知られていない事を利用して、そのことを悪用する悪徳業者もあります。こちら側から税金に関して話を切り出さなければ一切税金のことには触れないということもたびたび聞きます。ですので自動車の買い取りを依頼するさいには払いすぎた税金が返ってくるか否かを聞くことをおろそかにしないようにする必要があります。

コンテンツメニュー